本文へスキップ

京都の伝統技術から生まれた

メイドイン京都の革

遊禅革とは?YUZENGAWA

京都の伝統技術から生まれた「遊禅革」

店内イメージ

日本が誇る京都の伝統染色技術 「友禅染」その華やかで美しい色彩を牛革に染めつける技術を研究開発し、『遊禅革』(商標登録取得)と命名しました。きものメーカーならではのファッション性とデザインにこだわり、いわれのある和柄を中心に展開します


染色へのこだわり

料理イメージ

『遊禅革』は厳選した白なめし革を特別に開発した染料・染型・道具を使用して京友禅の匠が一枚一枚手奈染の技法で染め上げます。
型の彫りかた、型を置く順番、柄によってヘラの選別などそれぞれに職人の経験・技術が生かされています


品質へのこだわり

食材イメージ

『遊禅革』は摩擦堅牢度5級を取っています。色落ちの心配なしに安心して使用でき、ウレタンコーティング等の後加工をしていないため革本来の素材感と経年変化もお楽しみいただけます。


店舗イメージ

(株) 遊禅庵

〒604-8227
京都市中京区西洞院蛸薬師下ル     古西町436興和セントラルビル5F
TEL.075-223-5293
FAX.075-223-1722